TETE / A LA FAVEUR DE L’AUTOMNE


tete03ほぼアフリカ色が感じられないのは、いつも通り~ライヴCDに続く03年のサード・アルバム!変わらず、ポップかつフォーキー&アコースティックなヴァリエテ系充実作です。とぼけるにつけ、決めるにつけ~どこかもの悲しいメロディが、やっぱりビートルズを感じさせますが、でも一応、セネガル出身〜とはいえ、幼い頃に両親とともに渡仏、セネガル時代の記憶はほとんどないとご本人。当然、そういうアフリカ系黒人がいても何もおかしくありません。無理にあふりかてきな振る舞いをしなところが、いっそ偉い!?やや、ミュゼット~オールド・シャンソン系の趣向を、感じさせたりもする3作目です。

go top