THIOSSANE ABDLAYE N’DIAYE /S/T


セネガル / ダカール近郊に生まれ、1960年代にラジオ放送で歌いはじめ、画家やシナリオ・ライターとしても活躍し、60年代には名の知られたマルチ・アーティストとなり、1966年には初代大統領レオポルド・セダール・サンゴールが主催した“ネグロ・アーツ・フェス・オヴ・ダカール”でもパフォーマンスを披露したということです。~そして月日は流れ、45年間を経てこのCDがソロ・デビュー作!?….というわけで、約半世紀の間、どこで何をしていたのかは、よくわかりませんが、イイ味出してますよ。74歳セネガリーズ・ラテン・シンガーとして、ちょっと入れ歯っぽい発声ですが、生ギター&サックス&アコーディオン&パーカッションのシンプルなバッキングの中、背筋の伸びた歌を聞かせてくれます!バオバブやアフリカンドあたりのファンの方にオススメしたいところ。って、このCD、バオバブやアフリカンドの面々も参加しているんですが。


参考~

go top