MICHAEL BAIRD / GONGS & BELLS


gongs-bellsアフリカン・ヴィンテージ=ヒュー・トレイシーのフィールド録音コレクションをCDリリースし続けるSWPレーベルの社主、ザンビア生まれのマイケル・ベアード。その、もう一つの顔はノン・ジャンル的なパーカッショニスト…。そんな彼の2003年作は、様々なゴング&ベルのみで繰り広げるソロ・インプロヴィゼーションの世界!日本、チベット、中国、インド、インドネシア、ザンビア、モザンビーク、ギリシャ、メキシコ、ボリビア….などなどから集めた多種多様な金属打楽器を使い分け、ミニマルかつストレンジ?ポリリズミックでありメディテーションを誘う沈黙の音、静寂の音を奏でてくれます!アジアとアフリカ、ヨーロッパのリズムと響きが、夢幻的に交錯しています。

go top