JULIO GUTIERREZ / CUBAN JAM SESSION VOL.2


cubanjamsession2unikoラテン音楽ファンには言わずと知れた、デスカルガの歴史的名盤にして定番、パナルトの1950年代のキューバン・ジャム・セッション・シリーズの第二弾。フリオ・グティエレスのディレクションとクレジットはありますが実際はペルーチンではないかとも言われています。アレハンドロ・ビバール、エミリオ・ペニャルベール、オスカル・バルデス、ワルフレード・レジェス、サルバドール・ビバールなどスタジオで活躍していたミュージシャンがずらり勢揃いしました(クレジットはありませんが、ギターはホセ・アントニオです)。演奏者をもり立てるコーラス、ひたすら同じモントゥーノで17分間盛り上げる“デスカルガ・カリエンテ”、ストリートのルンバやバタなどパーカッションと歌のみのジャムなど、キューバ・テイストのアドリブ演奏が溢れています。この一連の録音が、その後のサルサやラテン・ジャズに及ぼした影響は計り知れません。当然ながらマスト・アイテムです。なおこの盤はCDRで原盤に起因するノイズが若干ありますので、予めご了承ください。

go top