V.A. / NOISE & CHILL OUT, ETHIOPIAN GROOVE WORLDWIDE, ETHIO SONIC


noise-chilloutアフロビート同様、21世紀のインターナショナル・グルーヴと化したエチオピアン・ミュージックの、伝播流行ぐあいをコンパイルした2CD!選曲はエチオピークのプロデューサーでもあるフランシス・ファルセトで、全28曲のうち11曲が未発表だそうです!特に、ジャズ~前衛音楽家たちの<エチオ愛>は半端ではなく、本編集盤でも欧州録音を中心にジャズ・ミュージシャン+エチオピアのミュージシャンというコラボが数多く収録~「NOISE」と名付けられた1枚目ではお馴染み、ダブ・コロッサス、インペリアル・タイガー・オーケストラらの強力ナンバーはもちろんのこと、オーストラリアで活動するデレブ・ジ・アンバサダーやゲタチュウ&THE EXなどまさにクラクラするような「ノイズ」で埋め尽くされています。その他にも聞いているとめまいがするような”uKanDanZ” や OKI のトンコリを連想させるような”ALEXO” あたりにも是非注目して欲しいところ>「CHILL OUT」と名付けられた2枚目はエチオピア音楽の持っているメロディーの美しさ、叙情性に焦点を当てていて、今まであまり注目されなかったエチオピア音楽の新しい魅力を知ることが出来そうです。未知のエチオピアの女性歌手や若手ミュージシャンが数多く収録されている点も見逃せませんね。またクロノス・カルテットや清水靖晃らの曲も収録~エチオピア音楽の浸透度の深さが伺えます。日本でも大いに注目されたイーザー/オーケストラの泣けるナンバーがあるかと思えば、エチオピアのEポップとでも呼びたい女性歌手のなナンバー、そしてムラトゥ・アスタツケの後継者とでも呼びたいSAMUEL YIRGAのエチオ・ジャズまでその振幅をお楽しみあれ!

CD 1 NOISE
>参考1. DUB COLOSSUS (UK-ETHIOPIA) “GURAGIGNA
>参考2. ETENESH WASSIE & MATHIEU SOURISSEAU
(ETHIOPIA-FRANCE) “GONDER C’EST BON”

3. RATTLEMOUTH (USA) “CHIK CHIKKA”
>4. UKANDANZ (FRANCE-ETHIOPIA) “SEMA”
5. ALEXO (FRANCE-ETHIOPIA) “TECHAWETU!”
6. TEZETA BAND (USA) “AYNOTCHE TERABU”
>参考7. DEREB THE AMBASSADOR (AUSTRALIA-ETHIOPIA) “ETU GELA”
8. MAN BITES DOG & DE AMSTERDAM KLEZMER BAND
(HOLLAND-FRANCE-ETHIPIA)”BALAGUE”
>参考9. IMPERIAL TIGER ORCHESTRA (SWITZERLAND) “EMNETE”
10. NUBIAN ARK (ETHIOPIA)”DIMINISHED HEAVEN”
>11. DEBO BAND (USA-ETHIOPIA)”ADERETCH ARADA”
12. LE TIGRE DES PLANATES(FRANCE) “YEZEMED YEBAED”
13. ARAT KILO(FRANCE) “ADDIS POLIS”
>14. JAZZMARIS (ETHIOPIA-GERMANY) “LANTCHI BIYE”
15. GETATCHEW MEKURYA & THE EX (ETHIOPIA-HOLLAND) “ETHIOPIA AGERE”

CD2 CHILL OUT
1. XAVIER CHARLES (FRANCE) “MUZIQUWI SILT”
2. ETH (FRANCE-ETHIOPIA) “HEYWET ENDIET NEW”
>3. TSEDENIA GEBREMARKOS (ETHIOPIA) “HEMEMEN BEEQEFU”
4. KRONOS QUARTET (USA) “AHA GEDAWO”
5. EITHER/ORCHESTRA & BAHTA GEBRE-HEIWET
(USA-ETHIOPIA) “ANTCHIM ENDELELA”
6. DANIEL TECHANE (ETHIOPIA-AUSTRALIA) “GELLETE”
7. SNOW FLAKE (CANADA) “LES CATACOMBES + INTRO : SUMMER DRINKING”
8. CHARLES SUTTON & JEFF FULLER (USA) “OO-OOTA SYASKEFFAM”
9. ZERITU (ETHIOPIA) “ATHIDEBEGN”
>10. SAMUEL YIRGA (ETHIOPIA) “FIRMA ENNA WEREKET”
11. YASUAKI SHIMIZU & SAXOPHONETTES
(JAPAN) “TEW SEMAGN HAGERE”
12. ABEGAZ & JORG (ETHIOPIA-GERMANY) “AHUNEM”
>参考13. AKALE WUBE (FRANCE) “METCHE NEW”

 

go top