V.A. / SONO SONO… TITE CURET!


tite-curet年末恒例、プエルトリコのポプラール銀行が企画制作するプエルトリコ音楽シリーズ第19作目は、コルティーホやイスマエル・リベーラと幼なじみだったというプエルトリコのヒットメイカー、故ティテ・クレト・アロンソ (1926-2003) の作品集でした。チェオ・フェリシアーノの「アナカオーナ」やウィリー・コローンの「ピラーニャ」、エクトル・ラボー「プリオーディコ・デ・アイヤー」などをはじめとして、2000曲近い曲を作ったというティテへのトリビュートCDです。~チェオはもちろんロベルト・ロエーナやボビー・バレンティン、ラロ・ロドリゲスやマイケル・スチュアート、ビエント・デ・アグアやジェルバブエナ、カジェ13等々と、古参と中堅と若手の演奏が交互に並びます。ティテの曲が聞かせる島のリズムとメロディーを介しわき上がるセンティミエントがどの曲からも聞こえる充実作!ボンバやプレーナ、ヒバロやダンサ、ボレーロ、あるいはジャズやオルタナ、ミクスチュアー、バラーダ、アフロビート(シェウン・クティも参加!)まで、多彩な曲調やアレンジにおいて、それぞれ参加者がそのそれぞれの音楽性においてティテを偲びます。同時発売ドキュメンタリー・タッチのクリップDVDも見どころ多し!

無断リンクすみません!http://bunboni58.blog.so-net.ne.jp/2012-01-10

go top