ORESTES VILATO / IT’S ABOUT TIME


orestes-vilato09ファニア周辺の多くのセッションに携わり、70年代後半には自らのグループ、ロス・キンボスを率いたティンバレス奏者=オレステス・ヴィラート名義の新作です!プロデュースは、女流ラテン・ジャズ・ピアニストのレベッカ・マウレオン、歌い手はアドニス・プエンテス、そしてボンゴにはオレステスと長年のつき合い、ジョニー・ロドリゲスという面子。 ボレーロからデスカルガまで、やりたいようにやってくれて、生き生きしてますねえ、自然体、という月並みな言葉が出てくる、久しぶりのラテン・アルバムです。ダンスにおもねっていませんね!

>★

参考~http://www.orestesvilato.com/videos

go top