RAUL GARCIA ZARATE / 15 EXITOS DE ORO


raul-garcia-zarate1932年生まれ、既に60年以上のキャリアを持つペルーのギター・ヴァーチュオーゾ=ラウル・ガルシア・サラテ、1991年リリースのソロ演奏ベスト編集CDの再発盤となります。オスカル・アビレスがクリオージョや黒人系音楽のギタリスト最高峰だとすれば、アンデス民謡系ギターの現役最高峰はこの人ということになるでしょう。単純なようで複雑、複雑かと思うと単純な、深いニュアンスに満ちたアンデス山系伝来のメロディーとリズム感を、ペルーヴィアン・ギターらしい張りのある音色と自在な指使いで、じっくりと聞かせてくれます。加えて、オスカルにしてもウァイノ系ギターを弾くことがあるように、このラウル・ガルシアもマリネーラやバルス・ペルアーノを奏でてくれます。それがまた、どこか鄙びた哀愁を感じさせて悪くない、というか、とてもイイわけですねえ。

参考〜http://www.youtube.com/watch?v=LSkHFLGbCZw

go top