AMIT ROY / KANON


amit-roy11ニキル・ベナルジーに学んだ西ベンガル州コルカタ生まれ / 現在は日本で活躍するアミット・ロイのシタール演奏 / 新作2点~ともに1時間近い渾身の演奏~コルカタでのスタジオ録音の国内リリースです。
『カノン』には、一曲目に夕刻のラーガ“マル・ビハーグ”を収録~シタール独奏の後、ミディアム・テンポの16拍子、後半は速いテンポの12拍子。2曲目は悲しげなムードのラーガ“キルワーニ”~独奏の後、7拍子のリズム・サイクル上で、旋律を歌い上げるます。タブラは名手オビジット・ベナルジーです。

go top