KOFFI OLOMIDE / L’HOMME DE BERETTA


koffi-early-best初期ベスト再発です。こうしてまとめて聴いてみると、やっぱりカッコイイですねえ…. 初期のコフィ・オロミデ!幾つか他のCDと重なる曲があるものの(パパ・ウェンバの2CDベストに入っているヴィヴァ・ラ・ムジカ時代の “Cherie Lipasa” 等~) 、1970年代末から80年代にかけての音源中心に7曲(冒頭曲は比較的新しく87年録音)~なるほどその後の人気もこの辺のカッコ良さがあってのことと納得できます。昔、知り合いのコンゴ人に、なぜコフィはそんなに人気があるのかと尋ねたことがあるんですが、彼は一言、歌詞のインテリジェンスだ、と言っていましたねえ。ま、そんな彼の応えに、シーンにおける独自な存在感も納得できるというものです。

go top