MEHTAP DEMIR / SOYLE MEHTAP


mehtap-demir12いいですね、“月の光に語って…”というタイトル通り、ロマンティックなムードが横溢しています。ケマン(擦弦)奏者にして歌い手~1978年生まれのメフタップ・デミル(=ムーンライト・デミル)の自己名義ファースト・アルバムです(これまではチュルキュレリン・センフォニシ=シンフォニー・オヴ・フォークソングスの中心人物として2作のアルバムをリリース)。12歳の頃から、トルコ古典歌謡はもとより、アナトリア、イズミール、西アジア~中央アジアまでのフォークロア、そしてセファルディ音楽も学び、自ら作詞作曲編曲もこなす才媛です(アカデミックな世界でも音楽研究者として活躍中とのこと)。もちろん、この新作でも、古典歌謡はもとより、アナトリア民謡、アゼルバイジャンや黒海沿岸ラズ、ウィグルやマケドニア、そしてギリシャ音楽等々までをベースにした~地中海世界からシルクロードへ至ろうとする古典歌謡&フォークロア世界を、様々なアレンジの中に聞かせてくれます。タンゴやライカ・マナー、ジプシー調も聞かせています。ひたすらトラッドでありながら、フェミニンなその歌い口、しかもインテリジェンスと慈愛、哀愁も兼ね持ったその音楽的仕草が~自ら率いる伝統楽器アンサンブルをバックに、月明かりの下で引き立ちます。

mehtap-demir12-2

go top