PANCHO AMAT / LLEGO EL TRESERO


★ジェゴ・エル・トレセーロ

うーん、やっぱりイイですねえ…。キューバ随一のトレス奏者にして名アレンジャー、初期アダルベルト・アルバレスのサウンドを作った男=パンチョ・アマートの新作が届きました!ソン~伝統的キューバ音楽のエッセンスを集約したような出来映え、加えて、トラディショナリストならではの地に足のついたモダーンな感覚も随所に楽しめて、待たされただけのことはあります。前作/国内配給もされた『サンアントニオからマイシへ』以来6年ぶりの新録アルバムです!~”アウセンシア” “エル・ハマイキーノ” “フラメント” “カンパニータス・デ・クリスタル”といったスタンダードをはさみながら、スウィングやチャングイ等の感覚を交えた自作曲を中心に演じたソン・アルバム、強く、オススメできます。

go top