KHAIRA ARBY / TIMBUKTU TARAB


e-khairaarby_timbuktutarab_450なるほど、ティンブクトゥ(もしくはトゥンブクトゥ、あるいはトンブクトゥ)のアリサ・フランクリンとはよく言ったものです(って、誰も言ってないか…)。そのマリ共和国のティンブクトゥといえば、古くからのトゥアレグの交易都市~あのティナリウェンのベースがあることでも知られていますが、そのティンブクトゥのみならず、マリ全国区の人気を持つというこのハイラ姐さん(ソンガイとトゥアレグの両親の間に生まれたそうです)、まさにアリサ級の迫力ヴォーカリストですね。そしてそのバンド、一弦フィドル(なんとズマナ・テレタ参加!)&砂漠のブルース系ともバンバラ系とも聞こえるギター・バンド(ロビ・トラオレ・バンドにも似ています!)を従えて、タマシェク/バンバラ/ソンガイ/アラビックの四つの歌詞を駆使して、サハラ系マリアン・ミュージックを聞かせてくれます!砂漠のブルース・フェスにも出ていたそうですが、昨年USツアーも成功させたようで、今回コンタクトを取ったUSクレモント・レーベルのディレクターによれば、来年はワールド・ツアーをしたいとのこと。で、当然、日本にも行きたいとハイラ姐さんが仰せだそうですから、こりゃ、盛り上げておかなきゃイカン!という使命感がこみ上げてきた次第。マリアン・ミュージックとデザート・ブルースの中間地点~マリ女性歌手の魅力と砂漠のブルースの魅力を兼ね揃えたハイラ姐さん、是非注目して下さい。なんといってもそのヴォーカルの強靱さ、バンバラ~トゥアレグ系最終兵器?お聴き逃すことなかれ!


試聴可>http://khairaarby.believeband.com/?lang=de

go top