DIABEL CISSOKHO / KANABORY SIYAMA


ジャベル・シソコは西アフリカ / セネガル~ガンビアの伝統を世襲で受け継ぐ、芸能集団グリオーの名門一族として知られるシソコ家の出身で、大いに活躍をを期待されている若手のホープだそう。2005年にはバーバ・マールのアルバムにコラ奏者として参加、以後様々な音楽家のバックを務めてきまっした。本作は初めてソロ名義アルバムで、シソコ一族が総動員で参加した豪華なグリオー・アルバムとなっています。メインはジャベルが弾く力強いコラで、そこに哀愁のこもったグリオらしい芯のあるヴォーカルや、さバラフォンやニゴニなど、さまざまな種伝統楽器の音色を、ひとつ新しいアレンジで聞かせてくます。まさに濃厚な西アフリカの新・伝統音楽が楽しめる作品でしょうか。

参考~

go top