AYINLA OMOWURA / AWA KISE OLODI WON


当店のベストセラー・アルバムです!
1970年代のナイジェリアを疾風のように駆け抜けたアパラの大スター、アインラ・オモウラが、1980年に酒場の喧嘩で亡くなり、その死後にリリースされた晩年の録音が本CD(遺作は”“25 x40”)です。お見逃しなく!~ と言っても、いつもと同じなんですが、しかし、どのアルバムを聞いてもても多少の差こそあれ、全部みんなスゴイということは、やぱっり凄いことですね?でも、その多少の差というものにこだわるならば(録音状態の良さ、とか、打楽器群のアンサンブルの良さ、とか、コーラスとの掛け合いの呼吸とか)、この作、BEST5に入る出来だと思います。晩年とはいえ、おそらく脂の乗った中年40代の後半と思われ(生年月日不明とされていましたが、1933年アベオクタ生まれという話です)、まだまだガッツリ歌える年齢でした。が、ともあれ、歌というか咆哮というか、こういう感じ、あまり聴いたことがありませんね、実際、ソウルとかジャズとかロックとかラテンとかアジアとかアラブとかヨーロッパには、こういう歌い方が できる人はいませんね~それだけでもいろいろ考えさせられます。で、もーホント、もったいない!誰だ?アインラを 殺したのは?(って、酔ってオモウラ自身のマネージャーと口論になり、ビール瓶で頭を、って話。)

go top