SOMETHING IN THE AIR mixed by COMPUMA


something-inthe-air当店を手伝ってもらっているコンピューマのあらたなプロジェクトSOMETHING ABOUT からの第一弾作品です(自然音と電子音が織りなす音の風景が、次々と移り変わる中、散り散りに浮かび上がる生ヴォイスの伝える情感の余韻が、次第に棚引 き、幾重にか層を成して行きます)。アンビエントというには過激だし、エクスペリメンタルというにはやけに心地いい「サムシング・イン・ジ・エア」(~風 景としての音?漂流する音楽?時間の流れと空間の広がりを満たそうとする、音と音楽を孕んだ空気の重さをミックスCDとして表現しようという試みかも、知 れませんね、なんて….)。ともあれ、コンピューマ、かなり本気ですな…。そして加えてアートワークは、このMIXにインスパイアされて描き下ろ された五木田智央の絵と、アートディレクター =ジェリー鵜飼のデザインによる、ADS(アントニオ・デザイン・サービス)の10数年ぶりのプロダクトで、三者の音と絵とデザインの三位一体~熱いセッ ションによる装丁となっています。

go top