鈴木常吉 / オールウェイズラッキー


常吉さんの屁理屈と美学が歌声に沈む。言いようのない孤独に、あなたの音楽はどこまでも寄り添ってくれる。」 —— 広瀬奈々子 (映画『つつんで、ひらいて』監督)

2020年7月6日に逝去した歌手・鈴木常吉。
生前最後となった2019年8月19日のライブ音源に加え未発表曲「Long distance a lullaby」、映画『つつんで、ひらいて』のエンディング曲「小石と靴下」の全17曲を収録した鈴木常吉の3枚目となるアルバム。

最後のライブではドラマ『深夜食堂』のオープニング曲としても話題を呼んだ代表曲「思ひで」を始め、 これまでの各作品の収録曲や”つれれこ社中”の頃からのレパートリーを中心に取り上げ、 また初音源化となる「小石と靴下」「団地の窓」「注射器」を含む自身のベスト的選曲ともいえる15曲を演奏。
未発表曲「Long distance a lullaby」は鈴木常吉が逝去した後に、 遺されたデモ音源に中尾勘二、横山知輝がオーバーダビングを加えたもの。 そしてアルバムの最後は映画『つつんで、ひらいて』のエンディング曲となった スタジオ録音バージョンの「小石と靴下」で締めくくられる。


■ライナーノーツより
「本人の兼ねてからの目標であった三枚目のアルバム制作に向けて、2019年より何度も話し合いを重ねながら進めてまいりました。 同年8月19日、東京・入谷なってるハウスでライブレコーディングされた音源がこの3rdアルバム『オールウェイズラッキー』となりました。
さらに未発表の新曲「Long distance a lullaby」と、広瀬奈々子監督の映画『つつんで、ひらいて』のエンディングテーマとして書き下ろし、 2019年3月に録音した「小石と靴下」も併せて収録しました。 新たにスタジオ録音をすることは叶いませんでしたが、既に常吉さんからプロデューサーを命ぜられていた吉田悠樹さん、 常吉さんの長年の盟友でもある中尾勘二さんを始め、数多くの方々の協力を得てこのアルバムをリリースすることが出来ました。

オールウェイズ・ラッキー…
常吉さんは事あるごとに「オレは運がいいだけのことで音楽を続けられてんだよ。ヒトの人生の参考にはなんねぇ。」と口癖のように言っていたことから、このタイトルを名付けました。 私も常吉さんは数々のチャンスに恵まれる幸せな男だと思います。 しかし周知の通り、誰にでもチャンスというものは訪れません。 それは彼の不器用な優しさ、そんな人柄、そして何よりも歌に対する情熱があってこそ舞い降りているものだと確信しております。
このアルバムを発表できたことも多大なる幸運の積み重ねによるものであります。 鈴木常吉のラッキーチャンスはこれからも永遠に続いていくのでしょう。」
—— 付き人、呑み相手、運転手、ベーシスト、そして友人 横山知輝


■収録曲:
1. 疫病の神
2. 思ひで
3. 小石と靴下
4. ダーティー・オールド・タウン
5. さびしい時には
6. 田家春望/別廬泰卿
7. 目が覚めた
8. 父のワルツ
9. 夢つぶしの歌
10. 雨
11. 団地の窓
12. 歩くだけの人
13. トリちゃんの夢
14. 注射器
15. 石
16. Long distance a lullaby (遠く離れた子守唄)
17. 小石と靴下(映画『つつんで、ひらいて』エンディングver)


■演奏:
鈴木常吉 Vocal,Acoustic Guitar,Accordion
中尾勘二 Klarinette,Alto Saxophone,Trombone
横山知輝 Contrabass

Produced by 吉田悠樹
Recorded & Mixed & Mastered by 比嘉良秀
Recorded at 入谷なってるハウス ライブ録音(2019年8月19日):①~⑮
鈴木常吉邸(2020年6月28日)&入谷なってるハウス(2020年9月13日):⑯
入谷なってるハウス(2019年3月23日):⑰

Design 岸田文香
Photographs 中尾勘二
Notes 横山知輝  


■プロフィール

鈴木常吉(すずき つねきち):
80年代にセメントミキサーズにボーカル/ギターで参加。
1989年、伝説のバンド・オーディション番組TBS「イカ天」に出場、3週勝ち抜き注目を集める。
90年、セメントミキサーズ「笑う身体」でメジャーデビュー。音楽性が高い評価を得るもアルバム1枚を残して解散。
翌91年、つれれこ社中にボーカルとアコーディオンで参加。
97年、つれれこ社中、オフノートより「雲」をリリース。ビートたけし、高田渡、忌野清志郎らに絶賛される。 2000年、つれれこ社中、活動休止。
2006年、満を持して初ソロ作「ぜいご」をリリースする。
2009年、TBS放映のテレビ・ドラマ「深夜食堂」(原作、安倍夜郎、主演、小林薫) で「ぜいご」収録の「思ひ出」がオープニング曲として使われ、大きな反響、話題を呼ぶ。
2010年、ソロでは二枚目となる 「望郷」をリリース。
2014年、シングル「雨」、DVD「浮ぶ海峡」をリリース。
2012年以降は台湾、韓国、中国などでの公演も精力的に行う。
また映画「オーバー・フェンス」「夜明け」にキャストとして出演するなど、俳優としての活動も行っていた。
2020年7月6日、食道がんのため65歳で死去。

中尾勘二(なかお かんじ) : 
長崎県出身、東京都在住の音楽家。
主に管楽器打楽器、他様々な楽器を扱う演奏家。
カメラ、時計マニア。SPも含めたレコード蒐集家。録音マニア。
個人活動のほか、バンドやユニットでの活動も多岐に渡る。
コンポステラ、ストラーダ、かえる目、中尾勘二トリオ、NRQや大工哲弘、鈴木常吉等のサポートほか数多くのレコーディング、セッションに参加。
チンドン屋の楽士、ゴロス奏者としても90年前後より活動。

横山知輝(よこやま ともき)
1984年3月北海道旭川市生まれ。
ベーシスト。
高校入学よりパンクバンドGANGLIONを結成。
ベースボーカルとして北海道で活動。
2007年に上京後、the Backdrops、夜霧に参加を経て鈴木常吉のバックで演奏。
その他自身のユニットや他ミュージシャンとの共演にて活動中。

〜以上、メーカーインフォより

go top