コージー大内 / 一番街 Live At チェッカーボード


Maruyoshi-07「君も弁ブルースの貴公子、大内コージと阿佐ヶ谷を散策してみないか? しないのか? 何ともったいない!」(吾妻光良)ライブならではの円熟の歌と演奏、そして語り。これは絶品!
★2008 年にCD角打ブルース」「でデビューしたコージー大内。★ライトニン・ホプキンス直系のギターにのせて歌う九州・日田弁の歌は、日本のブルースファンに鮮烈な印象を残した。ギャンブル好きのおやじとの生活感溢れる歌はまさにブルース、その後の方言でブルースを歌う「弁ブルース」の開祖となった。★あれから8 年、歌に語りに磨きがかかったコージーが満を持してリリースするのがこのライブ盤だ。収録は昨年、阿佐ヶ谷の小さなブルースハウス、チェッカーボードで吾妻光良氏によって行われた。ここチェッカーボードは以前、ギャングスターという名前でやはりブルースを聞かせる店だった。そしてなんとギャングスターこそがコージーが初めて人前でブルースを披露した店でもあるのだ。CD12 曲目に当時の貴重な音源が収録され、コージーの初々しい歌声が聞ける。★実はこの地にブルースの音が響き出したのは40 年も前のこと、初代のお店、King Biscuit から始まるこの場所は看板は変われど、阿佐ヶ谷でブルースの火をともし続けている中央線のブルースの聖地でもあるのだ。★そんな思い入れの深い店で歌うコージーの円熟の歌と語りの世界がCD から溢れ出てくる。想い出を語り歩く、阿佐ヶ谷「一番街」路上トークを除く楽曲は新曲4 曲も含め、全13 曲。ライブ盤ならではの演奏とトークでは、日本の放浪芸、浪曲や講談にも通じる1級の語り芸になったコージーの弾き語りが味わえる。(以上メーカーインフォより)

※talk:コージー大内とJOJO 澤渡、阿佐ヶ谷一番街にて
※2、7、10、14 曲目は新曲
■曲目
1. talk ‘一番街’
2. 軽トラDE ナンパ
3. 角打ブルース
4. パパとナバブギ
5. えじ~夢
6. talk ‘とん亭’
7. とんかつラグ
8. ブルースん奴隷
9. 悪事坊主
10. オヤジプリーズドントゴー
11. talk ‘ギャングスター’
12. Short haired woman
13. オヤジブギ
14. おいどんは九州男児たい!!(尻切れバージョン)
15. 大鶴村のサイレン
16. おんぼろトレイン
17. talk ‘After Hours’

go top