VICENTICO VALDES / LOS ARETES DE LA LUNA 


1919年生まれで、1930年代には一時セプテート・ナシオナールに参加、コスモポリタ、マリア・ロメウにも在籍していたこともある大歌手ビセンティコ・バルデース。その後ニューヨークに移り住み、1950年代のマンボ全盛時代にはティト・プエンテ、ソノーラ・マタンセーラなど一流バンドを渡り歩き、またボレロ歌手としてもラテン・アメリカ中で人気を得ました。
本作は、1998年にリリースされた18曲入りアンソロジーのCD-R復刻です。ソノーラ・マタンセーラと1958年に録音したホセ・ドロレス・キニョーネスの「ロス・アレテス・デ・ラ・ルナ」をはじめ、ルイス・マルケッティの「プラソス・トライシオネーロス」、アルマンド・マンサネーロの「ボイ・ア・アパガール・ラ・ルス」など、ボレロを主体に、やはりソノーラ・マタンセーラとのグアラーチャのレパートリーなども収録。甘くもベタ付きの無い、フィーリンをも飲み込んだ独特な声を堪能出来ます。CD-Rですが、音質良好です。(サプライヤーインフォより)

1. Los Aretes De La Luna
2. La Montaña
3. Conozco Tu Historia
4. ¡Ay Cariño!
5. Plazos Traicioneros
6. Voy A Apagar La Luz
7. Envidia
8. Me Hiciste Un Favor
9. Qué Puedo Esperar De Ti
10. Yo No Soy Guapo
11. Hoy, Mañana Y Siempre
12. Como Te Quiero Yo
13. Te Beso Y Te Regaño
14. Anoche Te Vi
15. Si Te Dicem
16. Sólo Por Rencor
17. El Último Cafe
18. Buscar

go top