TOM MARION AND HIS SWEET HOLLYWAIIANS / OSURDATO NNAMMURATO -恋する楽士


SWEET-HOLLYWAIIANS-OSURDATO米オルタナティブ・コミックの父、ロバート・クラム率いる78rpm (SP盤)演奏家集団、チープ・スーツ・セレネーダーズに在籍し、若者に熱狂的に支持される “21世紀のオールド・タイム・レディ” ジャネット・クラインの主要サポート・メンバーとして知られる弦楽器奏者トム・マリオン。彼が、ゴンチチのチチ松村も大絶賛しワールドワイドに活動する大阪在住の戦前ストリングス・バンド、スウィート・ホリワイアンズのサポートをえて、自らのルーツであるイタリアンや、戦前ジャズ、アルゼンチン・タンゴ、ハワイアン、プエルトリカンなど、魅力あふれる78rpm (SP盤)の世界を新録音。ヴィンテージ・ギター、マンドリン、バンジョー、マンドチェロなど複数の弦楽器を巧みに操るトムの演奏は、ジャズギターのパイオニアであるイタリア系アメリカ人ギター奏者エディ・ラング、ニック・ルーカスを彷彿させ,さらに半世紀以上を生きてきた彼の歌声は味わい深く、郷愁的である。ジャズ、ギターマニアにはもちろんのこと、思わずホっとする懐かしい音楽は、老若男女問わず幅広い年齢層に愛される事間違いなし。シチリア出身の祖父から学んだ思い出のトラディショナルソング「恋する楽士(1915年)」を含む全14曲!とのことです。



▽参考△

go top