RUMBEROS DE CUBA / GUA GUAN CO CALLEJERO


コンフント・クラベ・イ・グアグアンコーやタタ・グイネス&アンガーの「パサポルテ」などアフロ系名作を制作してきたディレクター、ロドルフォ・チャコンが、ハバナのルンバの名手を集めて2002年に結成したルンベーロス・デ・クーバ。そのアフロ系パーカッション・アンサンブルのグルーヴ感と都市民俗音楽としての歌心の絶妙なバランスを聞かせてきた彼らの4作目のCDです。
イグナシオ・ピニェイロの古典ナンバー「グアグアンコー・カジェヘーロ」をタイトル曲に、オリジナル曲や、「マス・ケ・ナーダ」のメロディを引用した開幕&閉幕曲、アルバロ・カリージョのボレロ名曲「サボール・ア・ミ」をルンバ仕立てにしてみせたり、アマデオ・ロルダン音楽学校の学生によるピアノなど加えたアンサンブルでのナンバーも収めたりと、遊び心や現代化の試みも含めつつ、がっつりとアフロ・キューバンの神髄を送り届けてくれています。ゲストにチャンギート、エル・ネネ、フルートのレネ・ベルトランが参加。なお、一部のCDデッキでは掛からない場合があるようですので(PCではほぼOKのようです)、こちらでCD-Rに焼いたモノを念のためお付けします。予めご了承ください。〜サプライヤーインフォより

go top