POLY PANOU ‎/ EDO KAI TORA


レベーティカの貴婦人? と、自分は呼ばせていただいています、はい。ポリィ・パーヌ(1940-2013)、 ブズーキ奏者にして作曲家、 グリゴリス・ビティコツィスに見出され、13歳の頃から歌い出し、50年代半ばから多くのシングルをリリース、ライカ歌謡最初期から世紀の変わり目まで第一線で活躍した人気歌手でしたが、が、闘病生活を経て、2013年に亡くなってしまいました(ラスト・アルバムは97年)。
癖のない上品な節まわしながら、その歌はレベーティカ・モードならではの哀感を耳に残してくれるのでした。
〜こちら1995年のアルバムとなります。

1 Αν Ήμουν Άλλη
2 Μαλώνω Με Την Θάλασσα
3 Ζωή Μου Πνοή Μου Ψυχή Μου
4 Που Πας Αγάπη Μου
5 2000 Κυριακές
6 Βάρδια Στον ΟΤΕ
7 Μαρτύρα Τα
8 Ψέματα Ψέματα
9 Μην Αφήνεσαι Καρδιά Μου
10 Είμαι Γυναίκα Του Εδώ Και Τώρα
11 Γυαλιά Καρφιά
12 Καλά Να Πάθεις
13 Την Ώρα Που Σε Χάνω
14 Φεύγω

go top