ORKESTA MENDOZA / CURANDERO


★オルケスタ・メンドーサ/クランデーロ

キャレキシコのメンバー、セルヒオ・メンドーサ率いるラテン・ミクスチュア・バンドがさらにパワーアップして新作を発表!
アメリカ・トゥーソンを拠点にする〈ハイブリッド・モダン・ルーツ・ミュージック・バンド〉キャレキシコの正鍵盤奏者として活躍しているセルヒオ・メンドーサ。その彼が率いるラテン・グループ、オルケスタ・メンドーサが前作『バモス・ア・グァラチャール』(INR-7107)以来4年ぶりとなる新作を発表した。クンビアをはじめ、メレンゲ、ボレーロ、チカーノ・ロック、マンボ、チャチャチャといった様々なラテン音楽のフレーヴァーが入り混じったミクスチュア・サウンドは、さらにボーダレスにパワーアップした。ゲストにはキャレキシコのジョーイ・バーンズのほか、スペインのSSWアンパーロ・サンチェス、映画音楽作曲家ニック・ウラタ、グァテマラのガビ・モレーノなど、錚々たる顔ぶれが揃った。  ●日本語解説/帯付き (メーカーインフォより)
*RICE 国内配給盤 ¥2970 再入荷待ち

1. Paleta
2. Head Above Water
3. Boogaloo Arizona
4. Are We Better Now?
5. El Curandero
6. Early in the Morning
7. Eres Oficial
8. Me dejo Llevar
9. El Chumina
10. No Te Esperaba
11. Little Space
12. Why You Looking That Way
13. Bora Bora
14. Hoodoo Voodoo Queen

go top