NAYYARA NOOR / SINGS FAIZ


>こちらで好評をうけたまわったCD~リマスター済みの08年EMI盤です。とてもクリアーな音で楽しめます!というわけで、このナヤーラ・ヌール、1950年インド生まれですが、印パ分離独立の際に家族と共にパキスタンへ、そして幼い頃から音楽に親しみ、ことに当時、ガザルの女王として君臨していたベガム・アクタルに憧れ、ウルドゥー語でロマンティックな恋愛詩を謡うガザル、あるいは宗教歌のバジャンなども歌うようになり、ハイティーンの頃にはパキスタンのTVドラマのプレイバックやラジオで歌い出したそうです。そして、その透明で柔らか、慈愛に満ちた歌声で大きな人気を博すようになったということです。この作品は70年代半ば頃のオリジナル録音と思われますが、高名な詩人ファイズ・アーメッド・ファイズの詩だけを歌ったガザル・アルバムで、シタール&タブラ&ハルモニウムほかの伝統的なアンサンブルに加え、ビブラフォンやピアノ、ギターを使用しつつ、オーソドックスというか60年代風というか、当時としてもレトロだったと思われるこの上なくロマンティックなバッキングで、ゆったりとしたガザルを優雅に聞かせてくれます。溜息が出ますね。それにしても、何という純愛路線!?胸がキューンとしますよ。清々とした静かで柔らかな歌声です。

←こちら、98年リリースのグラモフォン盤
赤いジャケの復刻CDより3曲多く収録されているものの、音質とジャケはあまりイイとはいえません。が、おそらくカセットからの復刻でしょうか? が、オリジナルは、1976年のEMI (Pakistan) のアナログLP‎– EMCPM-5026 です。
A1 Intesab
A2 Tum Mere Pas Raho
A3 Utho Ab Maati Se
A4 Chalo Phir Se Muskurayen
A5 Barkha Barse Chhat Par
A6 Yeh Dhoop Kinara
B1 Aaj Bazar Men
B2 Yeh Hath Salamat
B3 Kidhre Na Paindyan
B4 Ham Ke Thehre Ajnabi
B5 Aaiye Arz Guzaren
B6 Khair Ho Teri Lailaon

go top