NAWAL EL ZOGHBI / KHALAS SAMAHET


こちらもイイCDでした〜アラブPOP最盛期を代表する1枚、久々の再入荷です!レバノン出身、90年代以降、長らく全アラブPOPシーン最高のヒットメイカーとして君臨して来たナワール・エル・ゾグビーですが、ナンシー嬢やルビー嬢の追い上げに応えるかたちとなった前作=06年のアルバムでは、汎アラブ的なトラディショナル・ソングを歌い綴り、新境地を見せながらも、どこか気負いも感じさせた、過渡期的な意欲作と聞こえたものです…。で、さて、この08年作、とうとう新興のロターナ・レーベルに移籍、ロターナならではの抜けのいい音を得、アル・ジール調に回帰、装いも新たに、非常に洗練されたトラックにおいて、軽くシックでいて深い情感を感じさせる素晴らしい歌声を聴かせてくれます。何かがフッ切れた?実に大人の女のイイ感じの“歌謡曲”じゃないですか!?ことに、クリップも出まわっているヒット曲「アルビ・サーアロ」、大きい音で聴いてみて下さい。ロターナならではの先端高音質もあいまって、繊細なコブシ使いが耳に沁みます!オススメできますね、コレは、今年最初のワールド系オヤジ必涙盤じゃないでしょうか?

 

go top