MARIE MIFSUD / RECIF


>★
シャンソン、スキャット、ロックやPOPを解体横断しながら自由なヴォーカル・パフォーマンスを聞かせる、ジャズ・シンガーにしてSSW、マリー・ミフシュドの2作目。その分身とも言えそうなドラマー、エイドリアン・ルコント率いるクァルテットの変幻自在な演奏に交感呼応しつつ、「何よりも人生と私たちを通り抜ける感情の高まりについて」歌った作とのこと。

Adrien Leconte : batterie
Quentin Coppalle : flûte
Tom Georgel : piano, clavier
Victor Aubert : basse, contrebasse
Musiques, textes et arrangements : Adrien Leconte & Marie Mifsud

go top