M.A. NUMMINENS & SANNA PIETIAINEN / FINNISCHER TANGO


finnischer-tango1900年代にパリに伝わったタンゴは、ドイツを経由して北欧の国フィンランドへも伝播。そこで隣国ロシアや自国で愛されていたメランコリックな旋律が加わり、また戦争による別れや荒涼とした雪景色をうたう独自の歌詞が付けられ、独特の発展を遂げたそうです。戦後はロックも取り込み、さらに独自の色を帯びて、ついには国全体に親しまれる〈国民音楽〉となった経緯があります。本作はそんなフィンランド・タンゴの名曲を男女ふたりの有名歌手が歌います。第2の国歌とよばれている超有名曲も含まれ、独特のノスタルジーとメランコリーがじんわりにじむところ、聴きどころです。タンゴ・ファンだけでなく、全北欧音楽ファンにぜひ聴いていただきたい1枚!

go top