KHADGA GARBUJA / JHAJHALKO


大まかに分けるとネパール民謡には二つのスタイルがあるそうです。一つは “ドーリ” と呼ばれるスタイルで、こちらは複数男女の掛け合い歌だそう。リズミカルに男性と女性が応答形式でデュエットするスタイルと考えていいようです。このアルバムの収録曲のように、ゆったりと懐かしいようなメロディーを歌うタイプの民謡は、”ギート”と呼ばれいているそうです。ドーリもギートも単なる民謡というより、既にポピュラー音楽として、新しい曲がどんどん生み出されています。
このカドゥカ・ガルブジャーという男性歌手、まだ幼い頃に、家で飼っていた牛に食べさせるために草を刈っている時、崖から落ちて半身不随になってしまったそうです。
そんな不幸な事故の苦しみから立ち直るのに一番役にたったのは、歌うことであり、曲を作ることだったそうです。もちろん、現在も車椅子でネパール中を歌いまわっているだけでなく、米国やオーストラリアなど、ネパール系の住民がいるところ、世界中を回って歌っている人気歌手だそうです。

go top