KEPA JUNKERA & SORGINAK / TRIKITIXAREN HISTRIA TXITI BAT – Una Pequena Histria De La Trikitixa 


☆ケパ・フンケラ & ソルギニャク / トリキティシャの小さな歴史
KEPA-JUNKERA-SORGINAK2014●ケパ・フンケラがバスク・トラッドに帰って来ました!
●スペイン、バスク地方を代表するアーティストとなったトリキティシャ(バスク地方のボタン・アコーディオン)奏者のケパ・フンケラ。常に意欲的に様々な可能性を追求している彼は、これまでにスペイン各地方を始めブルガリアやポルトガルなどのヨーロッパの音楽家のみならず、ブラジルやアルゼンチン、ペルー、メキシコ、コロンビア、キューバといった新世界=中南米カリブのミュージシャンたちと積極的にコラボレーションしてきました。前作「ガリーサ」(BNSCD-8904)では、2枚組CDをまるごと「ガリシア」に捧げるという画期的な内容で、ガリシアのミュージシャンたちと共演をおこない、素晴らしい音楽性を示し、セールス的にも大成功を収めました。
●そして、ついにケパ・フンケラは自らを育んだバスク・トラッドに再び帰って来ました。偉大な先輩トリキティシャ奏者たちに尊敬の念を込めて作り上げた本作は、彼の深い愛情と音楽の伝統が結びつき、バスクの音楽文化を背負って立とうという責任感が音楽に結晶した傑作アルバムになりました。
●これまで以上に軽快且つ饒舌にリズムとメロディを刻みながら縦横無尽駆け巡るケパのトリキティシャに、地声による女性コーラスとパンデーロなど各種民俗パーカッション・アンサンブルで、ケパの演奏を時に力強く時に優しく盛り上げているのは、ソルギニャクという7人組の若い女性コーラス・グループです。ソルギニャクとはバスクの神話の女神マリの助手を務めるものたちという意味で、本作では共演として名を連ねています。素朴な中に愛らしさが感じられる歌いっぷりは、“アライツ・エタ・マイデル”のファンの方にもオススメします。
●さらに、なんと156ページ、ハードカバーのCDブック(230ミリ×230ミリ)には貴重な写真やトリキティシャに関する資料(その成り立ち、初期録音の話、先駆的演奏家達、最初の巨匠ハシント・リバス”エルゲタ”のこと、ケパの母の証言など)がぎっしり詰まっています。本作に添付される日本盤オリジナルの解説の他に、ケパ・フンケラのwebsiteでは原盤解説日本語訳掲載予定です。
●日本語解説付(高橋 めぐみ)
〜以上、メーカーインフォより

曲目表:
1. Sorginak Infernuko Hauspotik Irtetzen
2. Primi, Romualda, Andresa, Leona, Mikaela, Pantxika Eta Martzelina
3. Auntxaren Ibilerak
4. Oromi o Iurretan
5. Trikitilariak Gera
6. Laja Eta Bere Txapelak
7. Roman Eta Kontxa Urraza Zollon
8. Landakanda, Iturbide Eta Motriku
9. Epelderen Irribarrea
10. Sakabi Fasiorekin Hizketan
11. Joakintxu Eta Karakol
12.Baltseo Txikia
13. Zumarragako Trikitixa
14. Jacinto Rivas “Elgeta”
15. Larrinaga-Guerrini
16. Zazpiak Bat Fandangoa
17. Trinidade Plazan

go top