GEORGE DALARAS


Originally released in 1969 – 1st album !!

父はブズーキ奏者、そして作曲家でした(ダラーラスがスタアになった後、1枚のアルバムを自ら歌ってリリースしています)。本作は1967年6月18日から1969年5月28日までアテネのコロンビア・スタジオで録音され、同年の8月10日にレコード店でリリースされています。本CDはデジタルリマスターされ、2005年にリリースされています。

1 Ο Ουρανός Φεύγει Βαρύς
2 Μούδωσ’ Ο Πλάστης Την Καρδιά
3 Που ‘ναι Τα Χρόνια
4 Παίρνω Την Ανηφοριά
5 Ποιο Δρόμο Να Διαλέξω
6 Αν Είναι Νάρθει
7 Το Λιμάνι
8 Σ’ Αγαπώ
9 Ρίξε Μέσ’ Τις Φλόγες Την Αγάπη Μου
10 Ήτανε Απρίλης Μήνας
11 Δυο Λουλούδια Σε Μια Γλάστρα
12 Κάπου Στα Πετράλωνα

▽まさしく冒頭のこの曲、スタヴロス・コユムディス(1932–2005)のこの曲で、デビュー・アルバムをスタートしたこと、なぜか説明できないけれど凄い!今とまったく変わってない歌声も凄い!

go top