BUDINO / SOTAQUE


budinoスパニッシュ・ケルトの地ガリシアのガイテイロ(バグパイプ奏者)、ショセ・マヌエル・ブディーニョの3年ぶりの新作にして集大成と言えるアルバムが登場!ブディーニョはベログエト、ルアル・ナ・ルブレ、カルロス・ヌーニェスらとならび、スペイン、ガリシア地方の音楽の刷新を試みる若きエースとして、1997年のデビュー以来一貫してガリシアの伝統音楽にロック・テイストを求めて活動してきました。6作目となる本作は従来の疾走感溢れる路線に加えて、ガリシア音楽における「パーカッションの存在を強く打ち出したい」というコンセプトで作られました。ボンボ、タンボリル、パンデイロ、パンデイレータなどのガリシア音楽になくてはならない伝統的なパーカッションに加え、壺、缶、貝殻など様々なものがパーカッションとして使用されています。アルバム・タイトルの「ソタケ」はポルトガル語で「アクセント」という意味ですが、ザンブージョがガリシア語で歌う際に「僕のアクセントはどう?」と尋ねたがきっかけで曲を作り、アルバム・タイトルにしたそうです。トラディショナルの1曲を除き、すべて自作曲という意欲作「ソタケ」、もちろんブディーニョのガイタやフルートもたっぷりと楽しめます。

go top