ARLETA


Originally released on LP in 1966 (1st album)
 
アルレータ(1945– 2017) ギリシャはアテネ生まれのミュージシャン、そして、作家、挿絵家、絵本画家としても有名でした。
そのファースト・アルバムが、1966年リリース作がこちらです。本作は、60年代後半のギリシャ音楽シーンに興っていた新たな波 “NEO KYMA (ネオ・キマ)” ムーヴメントの中、好評を博しました。
その清廉で飾りないギター弾き語りですが、薄く翳りをおびた飾らない歌い口は、やっぱりギリシャならではのものでしょうか?
その非ライカ系ギター弾き語りスタイルには、北米のフォーク・ムーブメントの影響もあったでしょうね。この後、アルレータは、ヤニス・スパノス、マノス・ハジダキス、ミキス・テオドラキスといった著名な作曲家から曲を提供されるようになり、広い人気を得ることになります。
 
1 Τώρα Θ’ Ανοίξω Τα Φτερά
2 Κάποιες Νύχτες
3 Το Πέτρινο Χαμόγελο
4 Τις Άδειες Νύχτες
5 Δέκα Στρατιώτες Κι Ένας Λοχαγός
6 Μια Φορά Θυμάμαι
7 Λίγο Πριν Φτάσει Η Άνοιξη
8 Ερημιά
9 Μια Ιστορία Από Τον Πόλεμο
10 Τα Πελαγίσια Όνειρα
11 Η Μέρα Τέλειωσε
12 Σαββάτο Απόγιομα
13 Το Λιβάδι
14 Στα Κούλουμα
 
 

go top