KOSTAS KOLLIAS / NO 1, AN SE CHÁSO AN…


Originally released in 1976
コースタス・コリアス、1945年生まれ、本盤は1976年のデビュー・アルバム、どこか60年代ムードを引き継いだような、大衆 “歌謡曲” 路線が看板ですね。ダラーラスはじめ、70年代の伝統回帰路線とは一味違います。床屋さんの髪型出来上がり見本みたいなジャケットも何かを物語っているんじゃないでしょうか?時に、レベーティカからライカの流れには収まらない、おそらくディモーティカの歌い口を想わせるフォークロアな歌声も聞かせます。加えてバックには、この時期、あまり使われなくなっていたオルガンやエレキ・ブズーキも聞こえます。本作で人気をつかんだ後、77・78年作と順調にアルバムをリリース、大手ミノスへの移籍が決まっていた矢先に、自ら運転する自動車事故で惜しまれつつ亡くなってしまったのでした。

1 Εγώ Γεννήθηκα Καλό Παιδί
2 Όταν Μικρό Μου Με Φιλάς
3 Καλέ Φεγγαροπρόσωπη
4 Μπαμπέσας Μάνας Κόρη
5 Την Πόρτα Σου Μ’ Αμπάρωσες
6 Κι Αν Έγινα Αλήτης
7 Αν Σε Χάσω Αν
8 Το Κεφάλι Μου Θα Σπάσω
9 Τα Μάτια Σου Τ’ Αράπικα
10 Είμαι Ο Άνθρωπός Σου
11 Εσύ Είσαι Τα Καράβια Μου
12 Θα Σου Κάνω Πλάκα

go top