ZEKI CIFTCI / PAYIZ


メソポタミア文明をテーマにしたアルバム!?

バーラマ(中型のサズ)の演奏家ゼキ・チフトチの作品。副題が「メソポタミアからのサウンド」とあるように、チグリス川とユーフラテス川の間の沖積平野で、現在のイラクの一部にあたる地域の文明“メソポタミア”に由来する作品。とはいえ、ゴリゴリのハルクなどではなく、ギターやストリングスといった楽器も交え、ソフィスティケートされたスタイルで聴かせてくれるのが本作のミソ。心和むメロディが楽しめます。(サプライヤーインフォより)

go top