O KONKOWO ASAH & HIS GROUP OF ENGWU UKWU, NJIKOKA / SEVEN SEVEN


ナイジェリア南部アナンブラ州、ニジェール川東岸に位置する河川港を有し、地域の経済的中心とされる都市、オニチャのヴォーカル&ギター・トリオらしいんですが、何とも、これは、面白いものに突き当たってしまいましたよ(当店経年在庫より)。弦が緩んだトレスのような音のするギターに、シェイカー、もしくは小さめな木魚のような音とか、その辺のものを叩いているようなリズムに乗せ、実に奔放、スットンキョー、唐突にまくしたてるようなリード・ヴォーカルにはおかまいなく、時に口楽器みたいに同じフレイズを輪唱し、時にジャイヴみたいに掛け合うコーラスが、初めはゆったりと、そして次第に回転数を上げスピードアップしていくその掛け値なしにオリジナルな3者ヴォーカリゼーションの妙味!いや〜、イボ人らしいんですが、こんな歌声&コーラス、聴いたことがありませんねえ。何の突然変異なのか、それともトラディショナルなのか、それともナチュラル・ブルース?今後の研究課題にしたいような1枚。

go top