FOTINI MAVRAKI / TA VASANA ME ZOSANE


フォティニ・マヴラキ、1962年に14歳でシングル・デビュー、63年には500人中3人のオーディションでエリア・カザンのギリシャ撮影の自伝的映画『アメリカ・アメリカ』に出演したそうです。60年代を通じて、旺盛にシングルを吹き込み、70年にファースト・アルバム、79年までに合計11枚のLPアルバムをリリース、ダラーラスやハリスも彼女の歌のファンで、その作品をカヴァーしています。80年代に入ると半ば引退、84年に1枚のみアルバムを残し、その後、結婚生活を米国で送り、完全に引退してしまいました。引退後もレコード吹き込みを待望する作曲家やプロデューサーが絶えなかったという話ですが、2015年に亡くなってしまったそうです。本CDは03年リリース、60年代末から、70年代末までのベストCDとなります。
少しばかりカスレてアクのある歌声で、いかにも飾りないデモーティカ伝来の庶民性、あるいは野趣を備えた東方ムードを感じさせるライカ、レベーティカを歌うフォティニ、どこか自然な矜持を感じさせもして、今や、こういう歌い方をする女性歌手がいなくなってしまったことにも思い当たります。

1.Δεν Θέλω Να Κλαις
2.Όταν Ραγίσει Το Γυαλί
3.Είμαι Να Με Κλαις
4.Με Τα Λόγια Σου Με Δέρνεις
5.Που Θα Πας
6.Τα Βάσανα Με Ζώσανε
7.Θα Τραγουδήσω και Θα Πιω
8.Όσο Υπάρχουν Άνθρωποι
9.Έχω Υποψίες
10.Τώρα Που Τα ‘κονόμησες
11.Πέφτει Το Φως Του Καντηλιού
12.Βαδίζω Άτακτα
13.Παραβίασες Τους Νόμους
14.Ας Πάει και Το Παλιάμπελο
15.Είσαι Εγωιστής
16.Ή Εμένα Ή Την Άλλη

go top