V.A. / KINSHASA 1978


★ V.A. / キンシャサ 1978

コンゴを代表する4アーティストが1978年に残していた未発表音源をCDに収録!さらにマルタン・メソニエが再構築した音源をアナログに収録!
『コンゴトロニクス』での刺激的なサウンドで世界的な人気を博したコノノNo.1をはじめ、オルケストル・バナ・ルヤ、サンカイ、オルケストル・バンバラといったコンゴを拠点にする4グループが1978年に残していたセッション音源がついに蔵出しされた。フランスのラジオ局にてプロデューサー兼技術者をしていたベルナール・トレトンによって録音された音源の一部は80年代にオコラ・レーベルから発売されたが、ここにはそのオリジナル・テープに残されていた78分間に及ぶ貴重未発表音源がCDに収録されている。さらにフェラ・クティ、細野晴臣他との共同制作者としても知られるフランス人名プロデューサー、マルタン・メソニエのリミックス/アレンジなどにより再構築されたものをLPとして収録。近年DJ活動を再開したマルタンだが、そんなヴィンテージ音源に今の感覚を加えてリフォームするあたりは、さすがクラブ・シーンに精通しているCrammed Discsらしい画期的なコンセプトと言える。●日本語解説/帯付き/ダウンロード・カード付き (メーカーインフォより)

コノノNO1初録音収録で知られる1978年録音の仏 OCORA 盤 CD(1984年リリース)には未収録だった、ベルナール・トレトンによる同時期のキンシャサ録音4曲分78min. が初CD化されたわけですね!既に後のスタイルを完成しているコノノはじめ、それぞれ地方から出稼ぎに来ていたフォルクロール・ビート系グループの演奏であり、コノノ&サンカイ電気増幅親指ピアノ系ほか、蛇腹と打楽器重奏の祝祭的な演奏も聞ける、オコラ盤と比べても遜色ないスリリングな内容です。加えて、仏人マルタン・メソニエによるこれまた同時期録音未発4曲のリミックス収録LPが付いています。制作時期不明ですが、なかなかの聴き物、今聴いてもインパクト充分です!

LP
A1.Sankayi – Il ne faut pas intervenir (Martin Meissonnier reconstruction) 15:47
A2.Konono N°1 – Roots of K (Martin Meissonnier reconstruction) 06:20
B1.Orchestre Bambala – Animation Kifuti (Martin Meissonnier reconstruction) 07:28
B2.Orchestre Bana Luya – Animation (Martin Meissonnier remix) 15:33
CD
1.Konono N°1 – Kin 78 One 28:05
2.Orchestre Bana Luya – Kin 78 Two 15:03
3.Orchestre Bambala – Kin 78 Three 12:05
4.Sankayi – Kin 78 Four 22:24

go top