DIKLA / IF WE SHOULD PART


ディクラ/別れの予感
アラビックなポップスを歌うイスラエル人女性歌手ディクラ登場!

中東のユダヤ人国家イスラエルにて「最も聴かれている歌手」とメディアから絶賛されるほど、高い人気を誇る女性歌手がディクラだ。イラク出身の父とエジプト出身の母を持つ彼女は、幼いころからウム・クルスームやファリッド・エル・アトラッシュといったエジプトの歌手が歌ったアラブ歌謡や、エリッサ、ラゲブ・アラマーなどが歌うレバノンのアラビック・ポップなどを聴いて育った。27歳でデビューを果たし、以後国民的な人気を獲得した彼女が2014年に発表したのがこのアルバムだった。アラブ音楽が持つ独特なテイストを強く感じさせるフレイズやアレンジがふんだんに盛り込まれたポップ・サウンドを、アラブ歌謡を連想させる歌い回しを用いてヘブライ語や英語で聴かせてくれる。イスラエル音楽のイメージを一新させてくれる彼女の才能に注目してほしい。(メーカーインフォより)
●日本語解説/歌詞大意/帯付き

1. この愛ほど素晴らしいものはない
2. コペンハーゲン
3. べサメ
4. 私たちのため
5. ヒア・カムズ・ザ・レイン・アゲイン
6. もうたくさん
7. 別れの予感
8. 夕方7時
9. 恋しかったのね
10. 愛が全て

go top