WUTA MAYI / LA FACE CACHEE


たぶんコレッきりの再入荷…
〜まだという方はどうぞ、この機会に!
>こちらで紹介されていたアルバムですね、「な~んて芳醇なルンバ・コンゴレーズなんでしょうか!」by bunboniさん、その通りです。
「日本人も爺いにはやっぱりこういうオールド・スタイルがイイのよ。」by スチャラカさん、その通りです。以上、いつものように無断リンク陳謝&感謝です。
というわけで、元OKジャズのフロント(70年代半ば)、そして 00年代にはコンゴ版ブエナ・ビスタとも呼ばれた>ケケレにも参加していましたね。古き良きルンバ・コンゴレーズのエッセンスを21世紀にキープすることにおいて、欠かせない声、欠かせない顔、ウタ・メイの2019年ソロ・アルバムです。アコーディオン!サックス、トランペットにまろやかな複数ギター、そしてファヤ・テス、エルバ、ルチアナ他の豪華なコーラス!2010年代も終わろうという時に、このオールド・スタイル、なんか、もう、蕩けますよね!

1 Face Cachée 5:17
2 Kata Ba Liens 5:26
3 Biloko Ya Moto 6:02
4 L’union Forcée 5:59
5 La Patience de Winnie 5:24
6 Trop C’est Trop 6:09
7 Passage Obligé 6:01
8 Presence Na Ngai (Hommage à Lutumba Simaro) 6:17
9 Moninga Fungola Miso 5:07

Accordion – Viviane Arnoux
Drum Programming, Vocals – Nyboma Mwan’dido
Drums – Komba Bellow
Guitar – Caien Madoka, Fofo le Collegien, Paty Moleso, Rama Ramazani, Samba Emmanuel
Lead Vocals, Producer – Wuta Mayi
Percussion – Jimmy Mbonda, Miguel Gomes
Saxophone – Nicholas Gueret, Nzeza Freddy
Trumpet – Kabert Kabasele
Vocals – Deborah Yale, Elba Top A, Faya Tess, Luciana de Mongongo, Mav Cacharel, Nadege Odimba, Wuta Yale Manza

▽しっかし、このオバサンのサングラス…欲しい!


▽重複しますが、折角のクリップですから…

go top