NEMA MINT CHOUEIKH / MOURETANIAN MUSIC FROM THE TRARZA REGION


これは、ちょっと、びっくりするくらいディープですねえ、そのまんまブルースに聞こえないこともありません…。モーリタニアのヴェテラン女性歌手、ネマ・ミント・ショウエイクによる、ムーア人の古い伝統を受け継ぐという弾き語りを収めたアルバムです。マリのカマレ・ンゴニにも似た弦楽器、アルディンの弾き語りと、モロッコのグンブリ似にた弦楽器を拡声器に通して弾く男性とのデュオ演奏になりますが、これはシブイ~砂漠のブルースの源流という感じでしょうか?北米ブルースに伝えられたハラー唱法が、サハラに起源を持つという説を裏付けるような歌声が堪能できます。ネマ・ミント老嬢の娘でしょうか?若手女性が歌う曲もあり。とりあえず、サハラ音楽ファンは要チェックでしょう。
〜というのは本CD発売当時、15年ほど前の紹介文なのですが、まだ入荷するとは思いませんでした。久々の再入荷です!既に>オオレイア・ミント・アマルティシット>デミ・ミント・アッバ>ノーラ・ミント・セイマリと、モーリタニアの凄い女性歌手達をワレワレは知っているんですが、このネマ・ミント・ショウエイクも負けず劣らず、というかディープエストというか、モーリタニア女声マニアには是非オススメしたいところですね!

1 N’weufeul
2 Ella’da Kivi Kent
3 Lad Neïdaan
4 Moulate El Gass
5 Hsey El Moctar
6 Lilek Yebgalek
7 Yamess Cheft Ghiya
8 A Rabeta El Housni
9 Beyna Aneyki
10 Douk Kda Lejwad
11 Nebbi Zeïn Wa Valeh
12 Akhyan Mrassil Rahmane

go top