V.A. / ぞめき八 Re-mixes Stupendous!


日本には阿波おどりのこんなリズムがあって、それを世界の人がシェアできるという提案であり、提示なんです。 by 久保田麻琴

● 2010年に、久保田麻琴によってスタートした阿波踊りの鳴りものを中心に録音する企画、“ぞめき”。これまで発売されてきた七枚のアルバムには、本場、徳島と東京、高円寺から選ばれた連を中心に、阿波の盆踊りのひとつのルーツといわれる徳島の無形文化財、津田の盆(ぼに)踊りなど資料的にも貴重な録音も含め、59トラックが録音発表されてきました。
● 今作『ぞめき八』は、これらの録音と昨年(2018年)発売され大きな反響を呼んだ『阿波の遊行』からの音源を使って制作されたリミックス集です。ちなみに、『阿波の遊行』は、鳴門市出身の現代舞踊家だった檜瑛司氏によって1968 年から88 年にかけてカセットテープに録音された貴重な民謡や芸能の膨大なアーカイブから、久保田麻琴が選曲監修、リマスタリングした2枚組CDアルバムです。
● 久保田麻琴は、本アルバムの制作意図をこんな風に語っています。
「もはや音楽を聞いただけでは、どこの国のどんな人間が作っているのかはわからない時代だね。アメリカのブルースやヒップホップに影響を受けて、AKAI にRoland、世界中みんな同じ日本製の楽器やツールを使って音楽を作っている。それをInstagram やYouTube で世界にシェアしあっているのはまんざらではない。今作は現在の世界のそういう動きに呼応しています。阿波おどりのこんなリズムが日本にはあって、それを世界の人がシェアできるという提案であり、提示なんです」
● 阿波おどりの新旧音源、古い阿波の民謡や芸能の音源を、久保田が信頼する日本、デンマーク/ポーランド、ブラジル・パライバ、イスラエル、カメルーン、ウクライナ/オランダのプロデューサー/クリエイターたちが自在にリミックスした全11 曲が収められています。

<参加したクリエイターたちを、久保田麻琴による紹介インタビューを参考にご紹介します>
☆デンマーク在住のコンゴ人とポーランド人のハーフのプロデューサーでDJ、MooLatte。 インスタグラムの投稿を見つけて今回久保田麻琴が依頼。
☆ブラジル北東部のパライバ州出身のChico Correa 。Cabruêra(パライバのバンド、久保田が選曲したブラジル・ノルデスチ音楽のコンピレーション盤「Nordeste Atomico」と「Deep Samba」にも収録)のメンバー。
☆「ラジオ・ミャーク」にも参加しているOMFO(アムステルダム在住のウクライナ人マルチ楽器奏者)、日本人でも作れないぐらいの濃いエキゾチカを作るひとで、まるでマーティン・デニー。
☆生楽器とサンプラーを使うWho?Me? とカメルーン人のラッパーVal のユニット、Ambient Chameleon。「ぞめき四」から引き続きの登場。今作では阿波おどりとモロッコの伝統音楽グナワをミックス。
☆イスラエル出身、地中海のサーフロックバンドBoom Pamのリーダー、Uri。「ラジオ・ミャーク」にも参加している。
☆映画音楽やアニメ音楽で活躍する作曲家プロデューサー、石川智久のユニット、TECHNOBOYS PULCRAFT GREENFUND。
☆オオルタイチ。禍々しいと言うか、霊的な、彼にしかできない独特の世界観。
☆Yoshiharu Takedaは、DJのTaikai Okuyamaと二人でタッグを組んで、『阿波の遊行』から選曲。
☆その他に、久保田麻琴自身のリミックスが3トラック(1曲で甘茶が参加)収録されています。

解説ライナー:サラーム海上

1. Zomeki no.60 “MooSaSa” by MooLatte (Denmark, Poland)
feat. Keiko Hayashi on Vocal and Makoto Kubota on Guit.
2. Zomeki no.61 “Paraiba Dub” by Chico Correa (Brazil)
feat. O’Koi san on Vocal, Jefferson Leite on rabeca and Gedjaraku
3. Zomeki no.62 “Geisha Stylee” by Makot Kubota (Japan)
feat. Naka Kawada on Vocal & Shamisen and Tsuda Boni Odori All Stars on Chorus
4. Zomeki no.63 “Obake Odori” by O.M.F.O. (Holland, Ukraine)
5. Zomeki no.64 “Awa Gnawa” by Ambient Chameleon (Japan, Cameroon)
feat.Youssef Jandouk on Vocal & Guenburi and Val on rap.
6. Zomeki no.65 “Jaffa Strut” by Uri Brauner Kinrot (Israel)  feat. Tonosama Ren
7. Zomeki no.66 “Mayuzuki goes to Bollywood” by Tomohisa Ishikawa (Japan)
feat. Mayuzuki Ren
from TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND
8. Zomeki no.67 “Phunki AWA 2019” by Makoto Kubota (Japan)
feat. Sugisawa Sisters (Koyenji) and Kamakura Odori
9. Zomeki no.68 “Kitou New Moon” by Taichi Ooru (Japan)
10. Zomeki no.69 “Naruto Bushi” by Makoto Kubota and Amacha (Japan)
feat. Amacha on Vocal & Shamisen and Makoto Kubota on Bass and Guit.
(song written by Eiji Hinoki, Shinpei Nakayama)
11. Zomeki no.70 “Awa Passion” by Yoshiharu Takeda and Taikai Okuyama
feat. Nozoki Karakuri and Kohiki Uta of Iya by Kikuko Udo

〜以上、メーカーインフォより

go top