MADALITSO BAND / WASALALA


南東部アフリカ、ザンビアと並んで手作り楽器音楽が盛んな、アフリカでも最貧国の一つ、内陸農業国のマラウィの二人組だそう。そのマラウィといえば、少し前、トラックの運転手相手に食用ネズミの丸焼きを売りながら演奏していたというマラウィー・マウス・ボーイズがやはり手作り楽器を使ったグループとして話題を呼びましたが、こちらの2人組は、ウッドベース状の手作り楽器”ババトーン”なる弦楽器と4弦ギター、ハンドメイドの足踏みバスドラによるデュエットを繰り広げます。マウス・ボーイズが”ビンボー”さえウリにするシンプルな逞しさで勝負していたのに較べると、こちらは音楽性で勝負? 隣国ザンジバルを中心に、ザンジバル=マラウィ国境地帯でも盛んな手作り楽器音楽、カリンドゥラのスタイルを踏襲しながら、ババトーンのブンブン唸るベース音と、足踏みドラムのビート、そして4弦ギターのストロークというシンプルな音数の中、たった2人で演じているとは思えない音の組み立て、奇抜なアレンジ、そして、いかにも南東部アフリカらしいハイトーンなデュオ・ヴォーカルによる浮き立つようなユニゾン&ハーモニーが実に魅力的ですね!オレもできたら、こーゆーアルバム録音したい!と思わせてくれる、原初の音楽的衝動?みたいなものに満ちあふれたCDですよ!

go top