LIRAZ / NAZ


☆リラズ「NAZ」
グーグーシュに憧れているというイスラエル在イラン系の女性歌手にして女優さん、だそうです。で、本作、ここ数年リリースしていたシングル曲(ダウンロード)をまとめ、新曲も加えてリリースされたデビュー・アルバムとのこと。70年代後半、イスラム革命前のイラン音楽産業がたどり着いていたロックやR&Bとペルシャ歌謡のミクスチュアー・スタイルを今に体現するようなところ、けっこう、面白く聴けますよ。サイケデリックであったり、アシッドであったり、エレクトロニックな音感も使いながら、なるほど、革命前のイラニアンPOPがたどり着いていた境地を今に置き換え歌っている感じ、伝わります。で、なんと言っても、基本ペルシャ語の歌がイイですね、その節まわし、ペルシャ古典に発した歌謡曲風味が、ノスタルジックと言ってもイイほど!加えて、そのクールかつエキゾな美貌!

▽国内リリース・インフォ
ストーンズスロウからのリリースで世界中から注目されるビートメイカー、 リジョイサーが手がける中東の歌姫、LIRAZ(リラズ)「NAZ」の日本盤が登場!
日本でも二度にわたる来日公演で話題のフューチャーソウル・バンド、バターリング・トリオの中心人物であり、ストーンズスロウからアルバムをリリースするなどで世界中から注目されるビートメイカー、リジョイサーがプロデュースしたイスラエルの女性シンガーLIRAZ(リラズ)のファースト・アルバム。
リラズがペルシャ語で歌う独特な節回しの歌や、伝統的なペルシャの楽器のエキゾチックな旋律が、リジョイサーのシンセやドラムプログラミングによるエレクトロニカなサウンドとの融合でポップでダンサブルな傑作アルバムに仕上がっている。この1st Album「NAZ」は、国際的な音楽誌や、DJ、セレクターのジャイルズ・ピーターソンやニール・ボッパーソンらにも見出され世界で注目されている。

*日本盤限定サラーム海上氏によるライナーノーツ付。

Uri Shefi – Violin & Lyra // Gershon Waiserfirer – Electric Oud & Trombone // Ariel Kasis – Kanoon // Amir Shasar – Ney // Yogev Glusman – Bass & Violin // Amir Sadot – Bass, Contrabass// Gilad Abro – Bass // Roy Chen – Drums // Aviva Aleav – Violin // Erez Mounk – Percussion // Noam Havkin – Keys // Roy Hermon – Keys // Ben Aylon – Percussion // Mark Eliyahu – Kamancheh // Rejoicer – Synths, Rhodes and Drum Programming

go top