EL CLUB DE LOS SONEROS DORADOS / HISTORIAS SONERAS, EL ALMA DE UNA TRADICION 


ソンのさらなる認知度アップを図るべく、コンポーザー/プロデューサーのカルロス・サナビアにより、2014年にサンティアーゴ・デ・クーバで発足したプロジェクト・ユニット、エル・クルブ・デ・ロス・ソネーロス・ドラドス(ザ・キューバン・ゴールデン・クラブ)。初アルバム『プレゴネス・ドラドス』に次ぐ、2018年の2枚組です。
収録レパートリーはいずれもカルロス・サナビアの自作曲とのことですが、トラッドなスタイルで演じられ、何十年も前から存在し使い込んできたようなビンテージ感があります。トレスの名手コトらによる、核となるバンドに加え、このプロジェクトの華は、豪華な歌手&ゲスト・プレイヤー陣。歌手にはエル・ネネ、フェリックス・バロイ、マジート・リベーラ、ティブロン・モラレス、ハイラ・モンピエ、ペドロ・カルボ他、トレスのパンチョ・アマート、フルートのマラカ、バイオリンのダゴベルト・ゴンサーレス、チェケレのパンチョ・テリー、ティンバレスのチャンギート他、スター&名手が参集しています。まさに、トラディショナル・ソンにおけるファニア・オール・スターズとでも位置づけることができそうです。
ソンからの繋がりを感じるキューバ音楽が好きな方には、マストだと思います。(サプライヤーインフォより)

>https://www.youtube.com/watch?v=OwsDOZ0ZDlM

CD1
1. Historias Soneras
2. En La Fiesta Del Soruyo
3. El Son Y El Cochero
4. Dulce Mulata
5. La Rumba De La Merced
6. Canto Montuno
7. El Gallinero
8. La Luz Del Son
9. No Corto Caña Quemá

CD2
1. El Burro Y El Pandero
2. Sonero Enamorado
3. Guitarras Del Tivolí
4. Canción Rumbera
5. Marieta Y El Diablo
6. Un Son Majadero
7. Amanecer De Brisas
8. Candela En La Maya
9. Cumbancha A La Alegría

go top