LUCHA REYES / UNA CARTA AL CIELO


”クリオーヤ音楽の黄金のモレーナ”と呼ばれた伝説的な歌手ルーチャ・レジェス。1936年生まれで、50年代の半ばから人気絶頂時に心臓発作で亡くなる73年まで活動した彼女が、71年に発表したアルバムのリイシューCDです。詳しい経緯は判りませんが、97年にCD化された際に、LPリリース時のものから次作『シエンプレ・クリオーヤ』などの収録曲と入れ替えられているようです。
バックを務めるのは、ギター名手ラファエル・アマラント率いるコンフント。アルゼンチン出身で、ペルーのクリオーヤ音楽シーンなどで活躍したフレディ・ロランドのアルト・サックス、さらにアコーディオン/オルガンが両翼となって、広がりのあるサウンドを生み出しています。ヒットしたホセ・エスカハディージョ作の「ハマス・インペディラス」やサルバドール・オダ作のタイトル曲など、表情豊かな歌声にマッチしてますね。マスト・アイテムです。(サプライヤーインフォより)

1. Dolor Y Odio
2. Amor Y Mas Amor
3. Propiedad Privada
4. Por Tus Ojitos
5. Mira Bien Si Hay Razón
6. Malabrigo
7. De Puerta En Puerta
8. Déjalos
9. Una Carta Al Cielo
10. Sonrisas
11. Jamás Impedirás
12. Corazón

go top