石川優美&PONO LANI / HO’OMAU’ANA ホオマウアナ


ハワイアンに出会って20年。
ファーストアルバムリリースから10周年という節目の年に作るアルバム。
キーワードは「原点」と「感謝」ハワイとハワイの音楽に魅了された「原点」を見つめ、「感謝」の気持ちと共に未来へのスタートを切る…そんなアニバーサリー・アルバムです。(2枚組)
2枚共に、師匠である山内ALANI雄喜さんをゲストに迎え一発録音した曲も収録。

<1枚目> Mele(メレ) Side(全曲Vocal入り) 全曲、歌入り。
(20年という年月の中で、影響を受けたハワイのアーティストの曲や、思い出深いハワイアンソング、今回のアルバムのために作ったオリジナル曲を収録)
<2枚目> Kī Hō’alu(キー ホーッアル) Side(全曲スラック・キー・ギターのインスト)*Pono Laniのスラック・キー・ギターで奏でるインストを収録したアルバム。
(オリジナル曲とカヴァー曲を収録)アルバム・タイトルとなっている”ホオマウアナ”は、「ずっと続ける」という意味のハワイ語。

■曲目:
<CD1:Mele(メレ) Side ~Vocal~>
1. Kaleohano
2. Aloha Kaua’I
3. Pua ‘Olena
4. Lei no ka’iulani
5. 風 〜Ho’omau’ana〜
6. Aloha ‘Oe
7. Home in the Islands
8. Honolulu City Lights
9. With My Aloha !
10. Kamalani o Keaukaha
11. Hawai’i Aloha

<CD2:Kī Hō’alu(キイーホーッアル) Side ~Slack key Guitar Inst.~>
1. 光の中へ
2. Na hoa he’e nalu
3. Queen’s Prayer〜Ku’u pua i paoakalani
4. Drive to Kona
5. 三日月の森
6. A Kona hema o Kalani
7. Dear Friends
8. Norwegians Wood
9. E Hele Mai
10. Two Slack key Jam
11. どこかで
12. The Last Waltz

<メッセージ>
ハワイアンに出会って20年。ゆっくりだったり、早足だったり、駆け足だったり、時には立ち止まったり、後戻りしたりしながらも、ここまで続けて来ることが出来ました。
ひとつひとつ思い出していくと、そこには必ず、支えてくれる人、応援してくれる人がいてくださいました。直接お目にかかったことがなくてもメッセージを頂いたり、日々の暮らしの中に私たちの音楽を置いてくださっている御様子を聞かせて頂くこともありました。どの出会いもかけがえのないものであり、私たちはこれからも続けていくことで、感謝の気持ちを伝えて行きたいと思っています。
今回は、初めて師匠の山内雄喜さんをゲストでお迎えすることが出来ました。
山内さんをお迎えするなら…と挑戦したのが、一発録音です。
その時、その場でしか生まれない音を、その場の空気感とともにお届けできたら…と思い、山内さんの胸をお借りしてレコーディングしました。音で会話させてもらっているようなエキサイティングなひとときは、師匠の懐の大きさと愛を感じる学びのひとときでもありました。
山内さんは、出会った頃から「ハワイの真似じゃなく、いかにクリエイティヴするかが大事」と折に触れて仰ってくださいます。ハワイへのリスペクトの気持ち、ハワイに近づきたいという思いを根底に持ちながら、真似ではない自分たちの音楽を追求し続けていきたいと思います。
ずっと応援してくださっている方にも、このアルバムで、初めて石川優美&Pono Laniの音楽に出会ってくださった方にも、「Ho’omau’ana(ホオマウアナ)」お楽しみ頂けたら幸いです。
心からの感謝を込めて。
by 石川優美&Pono Lani

go top