SINGTO NUMCHOK / JUST HAVE FUN WITH IT


タイの男性SSW(ウクレレ弾き語り)、シントー・ナムチョーク2018年の6作目、ということです。2011年デビュー、2016年作は日本盤でもリリース、来日もしていたようですが、全然知りませんでした。ひとことで言えば、東南アジア熱帯オーガニックなシティPOP / もしくはサーフミュージックとでも言えそうですが、“タイのジャック・ジョンソン”と呼ばれているそう…(ジャック・ジョンソンって誰?ということにもなりますが、オアフ島出身の男性SSWライターで、フジロックにも2回来日しているそうですが、当方、知りませんでした)。
で、タイCD、リリース量が激減する中(かなり高価ですが)、この人のCDはキチンと毎年のようにリリースされているので、どんなものかと YOUTUBE で聴いてみると、実に夏向き、気持ちイイじゃないですか!嫌みなく自然体で、ジャケも実に夏っぽい。本人自ら、自分の音楽を形容するなら 、それは “フィールグッド・ミュージックだ” みたいな発言もあって、ま、嘘じゃないですね、と納得できたので試しに仕入れてみた次第。いかがなものでしょう…。ちなみに1983年生まれだそうですから、この新譜は35歳の作ということに。

 

go top