SULAIMON ALAO ADEKUNLE MALAIKA / GOLDEN JUBILEE


思えばワシウあたりが始めた旋律楽器入りFUJIも既に20年以上の歴史を持つわけですが、ま、無ければナイ方がイイに決っているというキーボードやギター(特にソプラノサックス)ですが…、でも、このスーパースター、スレイモン・アラオ・アデクンレ・マライカ(1995年デビュー)の新作、やっぱりウマイですねえ、旋律楽器の演奏配分やアレンジが素晴らしく、ヴォイス&コーラスや打楽器アンサンブルの勢い、スピードといったものを邪魔することがない、というか、打楽器ビートに密着した旋律楽器演奏が、FUJIという音楽の基本線に沿りながら場を盛り上げてくれます。この演奏なら、旋律楽器群、あった方がイイかも、と思わせます!そう、ここまでFUJIにフィットした演奏(サックスもケニー爺風じゃないですね)、なかなかできることじゃない!と言いたいですね、引くときは引いて、あくまでも打楽器パートのフォローに徹している風もイイじゃないですか。スレイマン・アラオの歌声もコーラスも申し分なし、贅を落とし引き締まった疾走を聞かせていますよ!ここ何年か、当店的には注目していたスレイマン・アラオ、期待に違わぬ 2018年の作です。レコオヤジさんも絶賛&深沢センセーもMM誌輸入盤欄で紹介されていましたね去年、何月号だか忘れましたが…!
>★

go top