MUSTIKARA AND THE BATUAN ETHNIC FUSION


凄腕ギタリストとその奥方が進化形クロンチョンを聴かせる!
伝統音楽を大切にする東南アジアの国インドネシアから、なんとも先進的なクロンチョン作品が登場した。フュージョン系ギタリストとして知られるバラワン率いるグループと、その奥方で妖艶な歌声を持つムスティカラによるニュー・プロジェクトのデビュー作だ。エレクトリック・ギター、ベース、ドラムズ、鍵盤楽器のほか、クンダン(大型の両面太鼓)やガンサ(ガムラン楽器)、スリン(竹笛)といったインドネシアの伝統楽器をフィーチャーし、その名の通り進歩的なエスニック・ミクスチャーを目指したサウンドが特徴だ。取り上げているのは「クロンチョン・クマヨラン」「ブンガワン・ソロ」などのクロンチョンの名曲のほか、キャッチーなメロディーラインを持つバラワンのオリジナルなど。難解なコード進行やリズム・パターンを組み込み、クロンチョンのイメージを大きく覆すアレンジで楽しませてくれる。 (サプライヤーインフォより)

1. Keroncong Kemayoran
2. Don Dap Dape
3. Selendang Sutera
4. You Make Me Happy
5. Rayuan Pulau Kelapa
6. Manyi Padi
7. 1 November
8. Cening Putri Ayu
9. Juru Pencar
10. Bengawan Solo

go top