ORQUESTA AKOKAN / MAMBO RAPIDITO – UN TABACO PARA ELEGUA



NYの両雄 チューロ・レコード × ダプトーン・レコードが手を結んだ大注目プロジェクト。
日本でも熱烈な支持を獲得したペリローハやロス・アチェーロスなど70sハードコア・サルサを想起させる熱きNYラテン伝統のオルケスタ・サウンドをプロデュース/リリースするチューロ・レコード。レーベル主宰者でもあるトレス奏者、ジェイコブ・プラッセがプロデュースした大注目のキューバン・サウンド。まるで40~50年代黄金のハバナ・サウンドを想起させる豪華なマンボは圧巻。中心メンバーにいるのは、ベテラン歌手、ホセ・ペピート・ゴメス。バックには新旧実力派が結集。録音はあの数々の大傑作を生んできたアレイト・スタジオ。発売は、凝った録音でも高い評価を受けるダプトーン。単なるレトロ・サウンドには終わらない現代進行形キューバン・サウンドの魅力が溢れる熱き一枚。DJは必携の一枚。(サプライヤーインフォより)

go top